事務作業を効率化できる給与計算ソフト厳選集 » 給与事務が押さえておくべき仕事の内容

給与事務が押さえておくべき仕事の内容

これだけは知っておきたい給与事務

給与事務を行う上で最低限は知っておきたい業務内容を掘り下げてみました。

賞与計算

毎月の給与計算とは異なる賞与の計算方法を紹介。

賞与の定義やルール、賞与計算をするときの注意点として、社会保険料の計算、雇用保険の計算、所得税と源泉徴収税などもピックアップしています。

賞与計算について詳しく見る

年末調整

年末調整とは1年間に給与から源泉徴収した所得税を精算する業務のことで、給与計算する人の負担が大きくなりがち。

年末調整の計算方法を紹介しつつ、その負担の軽減の仕方なども取り上げています。

年末調整について詳しく見る

社会保険料

社会保険料は健康保険や厚生年金なども含まれ、会社側が毎月の給与から控除しています。

金額は収入や年齢などによって社員ごとに異なるため、手作業で計算するには非常に複雑。

社会保険料について詳しく見る

住民税

個人が負担する地方税のことで、会社員には特別徴収が適用され、事業主が従業員の給与から地方税を天引きして納付します。

住民税について詳しく見る

勤怠管理

残業を強いていなかったとしても、労働時間を超えた業務を黙認したり、タイムカードのみで出退勤を管理していると、ブラック企業の烙印を押される場合も!

明確なルールを作り、勤怠管理ソフトや給与計算ソフトの勤怠管理機能を用いてしっかりと管理したいところ。

勤怠管理について詳しく見る

入退社管理

入社と退社の管理では似通った手続きが行なわれるため、混同されてしまったり、うっかり勘違いされることも…。

入退社管理について詳しく見る

外注費管理

給与と外注費の管理は全く別物。

給与計算ソフトを導入する場合にはどこまで管理できるのか、機能の確認が必要です。

また、給与よりも外注費で計算したほうが会社の利益が大きい理由などにも言及。

外注費管理について詳しく見る

マイナンバー管理

マイナンバーの導入によって企業では給与計算の際にも社員のマイナンバーを管理することが多くなりました。

社員のマイナンバーを取得する方法やセキュリティについても詳しく説明しています。

マイナンバー管理について詳しく見る

【特集】Web給与明細のススメ

コスト削減やセキュリティの向上、給与計算システムとの連携など、給与明細の電子化のメリットについて、会社側と社員の両者の立場で考えてみました。

Web給与明細について詳しく見る

給与計算ソフトおすすめ5選
給与計算ソフトおすすめ5選