勤怠管理

よそごとではないブラック企業問題

昨今「ブラック企業」という言葉がささやかれ、残業など法定労働時間を超える業務には厳しい目が向けられるようになりました。

「うちの会社には関係ない」と思う方もおられるかもしれませんが、このブラック企業問題はどの会社であっても起こり得ることだと言ったら驚かれるでしょうか。

残業を強いていない場合でも、労働時間を超えた業務を黙認していたり、タイムカードのみで出退勤を管理しているなど、明確な勤怠管理のルールがない場合は危険です。

会社を辞めた社員から残業代の請求書が届き、裁判にまで発展してしまうケースも決して少なくはありません。

勤怠管理にタイムカードは不向き?

タイムカードは出勤したときの時間と退勤したときの時間を記録するもので、休憩時間を含まない厳密な労働時間とは異なると言われています。

そこで実労働時間を勤怠管理するために有効なのが、従業員一人ひとりによる出勤簿の記入です。

このときの出勤簿を勤怠管理システムで確認することで、労働時間の記録は正確なものとなり、また勤怠管理ソフトなどを導入することで管理自体も楽になります。

勤怠管理システムは専門の勤怠管理ソフトも販売されていますが、別ソフトでの管理するよりも一括して管理したほうが効率的。

例えば、給与計算ソフトの中には給与ワークスのように勤怠管理も行えるものがおすすめです。

残業時間と有給休暇の管理

残業を行うときもしっかりと勤怠管理を行ないましょう。

残業申請書などを用い、残業を申請許可制にすることで明確な記録が残せるので、のちのちトラブルが起きにくくなります。

有給休暇については、「休日」と「休暇」を分けて考えるようにします。

「休日」は会社が決めた公休を意味し、「休暇」は従業員の申請に対して会社が許可を与えたものです。

これには有休が含まれます。

「休日」の場合は従業員に労働の義務は発生しません。

「休暇」は企業が労働義務を免除するという形となります。

給与計算ソフトおすすめ5選
給与計算ソフトおすすめ5選