外注費管理

給与と外注費の違いとは

業務の一部をフリーランスの個人に依頼した場合や、外部業者へ業務委託などした場合、その報酬は給与ではなく外注費として処理します。

給与と外注費を区別しにくいという人もいるかもしれませんが、基本的に「請負契約なら事業所得として扱われる外注費」、「雇用契約なら給与所得として扱われる給与」と考えられます。

給与と外注費の管理は全く別物となるので、給与計算ソフトを導入する場合にはどこまで管理できるのか、機能など確認することをおすすめします。

外注費のメリット

外注費のメリットは大別すると2つ。

社会保険料の軽減と消費税の節税です。

まず、社会保険料は外注費だと会社側の負担は一切ありません。

消費税については、会社が支払う分の税は「売上時の消費税」から「支払時の消費税」を差し引いた額を納めることになっています。

「売上時の消費税」を減らすということは売り上げ自体が落ち込むということですから、これは減らすわけにはいきません。

となると、節税するためには「支払時の消費税」を増やせばいいわけです。

給料に消費税は含まれていませんが、外注費にはその支払いの中に消費税が含まれていますから、会社の支払う消費税額がアップし、「支払時の消費税」が増えて節税になるのです。

外注費を給与にみなされないために

社会保険料や消費税の観点からすると、給与を支払うより外注費を払ったほうが会社にとってはメリットも大きいのですが、どんな外注も税務署が認めてくれるかというとそうではありません。

会社によっては給与と外注費の区別がはっきりとしないところもままあります。

もしも外注費として提出したものが税務調査で給与だと指摘された場合はたいへんなことに……。

源泉徴収漏れや消費税仕入税額控除過大のペナルティがあります。

外注費を給与としてみなされないためには、まず書類をきちんと整えておくことが大切。

請負契約書を作成し、その上できちんと外注先の当人に請求書を出してもらいましょう。

給与計算ソフトおすすめ5選
給与計算ソフトおすすめ5選