事務作業を効率化できる給与計算ソフト厳選集 » 給与計算ソフトの導入事例

給与計算ソフトの導入事例

導入前のシミュレーションに使える体験者の声

給与計算ソフトを導入すると、具体的にどのような変化があるのか、事例をまとめてみました。

もちろん事例がすべて自分と当てはまるわけではありませんが、どのようなところで効率化が図れているのかなど目安として参考にしてみるといいかもしれません。

勤怠管理と給与計算を連携させた

導入事例

クラウド型の給与ソフトを導入する前は、勤怠データを社労士事務所に送り、それを戻してもらって確認してから会計事務所にデータを送っていた。

しかしこれでは非常に手間がかかり複雑な流れになるため、クラウドを導入し勤怠管理システムと給与計算ソフトを連携。

その結果、作業時間が大幅に短縮。

人件費も削減でき、今後はWeb給与明細の導入も考えている。

勤怠管理と給与計算ソフトの連携の事例をもっと見てみる

複数の雇用形態の給与計算が楽になった

導入事例

取引件数が多く、毎月発行する請求書も膨大な数なのに、コスト削減のため外部に依頼することなく社内で給与計算し、管理していた。

引き継ぎをする際、インストール型の給与計算ソフトの導入が上手くいかず、次の引き継ぎのことも考えてクラウド型を採用。

雇用形態が複雑なので機能の豊富な給与計算ソフトを選んだ。

おかげで給与計算の業務にさかれる時間を減らすことができた。

複数の雇用形態の給与計算の事例をもっと見てみる

給与・賞与の並行処理ができるようになった

導入事例

給与計算ソフトを導入したことで年末調整にかかる時間が半分になった。

導入前は表計算で毎月の給与を算出しており、従業員数は少ないのに丸1日費やさなくてはならなかった。

それが給与計算ソフトを使うと税率や控除額など事前に設定しておけば計算が自動で行われる。

毎月の給与や賞与ともに並行処理でき、管理しやすく助かった。

勤怠管理機能がついている給与計算ソフトだから、社員の出勤日数や実働時間なども自動計算できる。

給与・賞与の並行処理の事例をもっと見てみる

給与計算ソフトおすすめ5選
給与計算ソフトおすすめ5選