勤怠管理と給与計算を連携させた

事例:勤怠管理システムと給与計算ソフトの連携で成功

クラウドを利用して効率アップ

当社ではクラウドサービスを導入し、業務の効率アップを図っています。

現在は勤怠管理・給与計算、会計ソフトのクラウドサービスを導入しており、給与計算は社労士事務所に、会計は会計事務所に依頼、業務は勤怠管理から給与計算まで社員が一人で担当しています。

クラウドを導入する前

給与計算ソフトのクラウドサービスを導入する前は、勤怠データを依頼している社労士事務所に送り、給与計算を行ってもらうという仕組みでした。

そして計算したデータを社労士事務所から返してもらい、確認してから次に会計事務所にデータを送るというフローです。

しかしこれは、振り返れば会社と社労士事務所と会計事務所でデータが往復し、勤怠データや給与データに変更があるたびにメールで送り合うという非常に手間のかかる複雑な作業でした。

もちろん、それも今ではクラウドを導入し、勤怠管理システムと給与計算ソフトの連携によって解消されています。

クラウドでは初期設定ですぐに勤怠管理と給与計算の連携が整い、非常に簡単。

勤怠データもクリックするだけで連携でき、今までデータを社労士事務所にいちいち送り、計算されたデータを戻して…という手間のかかった作業が不要になり、たいへん助かりました。

データのやり取りだけでなく、確認事項の連絡や、そのための打ち合わせ時間などもかなり減らせました。

今後もクラウド化へシフト

クラウドを導入したことで結果的にシステム料金や、これまで手間や時間がかかっていた分かさんだ人件費もカットできました。

これからは給与明細書についても電子化を進め、Web給与明細にシフトしていこうと考えています。

と言っても一度に全て変えてしまうと社員にも混乱を招くので、勤怠管理や給与計算など少しずつクラウドでの管理に切り替えていくつもりです。

マイナンバーはその目下の目標です。

マイナンバーの管理だけでなく、個人番号を記入した源泉徴収票の作成も可能だということですから、ますます給与計算の効率化が図れそうです。

給与計算ソフトおすすめ5選
給与計算ソフトおすすめ5選