事務作業を効率化できる給与計算ソフト厳選集 » 給与計算の知っておきたい基礎知識

給与計算の知っておきたい基礎知識

これだけは確認しておきたい給与計算の基礎知識

給与計算をする上で必要不可欠な基礎知識や、確認しておきたい事項などをピックアップしています。

中には難しい内容もありますが、業務に直結する内容ばかりを集めていますので、ぜひ参考にしてください。

年末調整とマイナンバー

年末調整などで扱うマイナンバーについて、変更点も交えて説明します。

年末調整のひと通りの流れと、社員が記載するマイナンバーの書類など、これからも変わることが考えられるマイナンバー制度について詳しく知りましょう。

年末調整とマイナンバーについて詳しく見てみる

算定基礎届の作成

算定基礎届とは実際の報酬と標準報酬月額に大差が出ないようにする書類のこと。毎年見直しの行われる定時決定の際に提出をします。

社会保険料は被保険者(社員)と会社の両者で負担しますが、月給や賞与に変動があるため社会保険料も金額が毎回変わります。

これだと給与計算の際には社会保険料や各給付金の計算に手間がかかることになるため、その業務を減らすために給与の月額を区切った標準報酬月額で算定します。

こういった算定基礎届の作成方法について基礎から解説します。

算定基礎届について詳しく見てみる

給与計算事務の年間の流れ

給与計算1年間のスケジュールを紹介。

所得税の納付手続きなどは毎年ほぼ決まった時期に行なわれるため、それに合わせて年間のスケジュールを組んでいくことがポイント。

特に移動の多い時期や年末調整のときには業務が重なるため、できるだけ効率を上げて乗り切りたいところ。その方法も紹介します。

給与計算事務の業務の流れについて詳しく見てみる

賃金体系について

賃金体系とは労働者の賃金を決める基準となるもので、さまざまな賃金の構成のこと。

学歴や勤続年数、年齢などが影響し、契約社員やパートタイマーがいる場合にはさらに賃金体系が複雑化します。

一般的に基準内賃金と基準外賃金に大別されています。

賃金体系について詳しく見てみる

給与計算ソフトおすすめ5選
給与計算ソフトおすすめ5選