給与計算事務の年間の流れ

給与計算1年間のスケジュール

給与計算の業務を確実なものにするためには1年間のスケジュールをしっかりと把握しておく必要があります。

毎月の給与計算のほか、所得税の納付手続きなどは毎年ほぼ決まった時期に行なわれるからです。

逆に言えば、その決まった時期に合わせて年間のスケジュールを組んでいくと、あとあと困らずに済みます。

特に異動の多い時期や年末調整のときには業務が重なり、ぼやぼやしていると業務が切迫していくので要注意。

支援用に給与計算ソフトなどを導入し、できるだけ効率を上げて乗り切るように心がけましょう。

給与計算事務の年間の流れを紹介します。

1月:税務

前年分の給与所得の源泉徴収票を3枚作成。

社員本人に1枚渡し、残り2枚は1月1日現在で給与所得者の社員が住む市区町村へ給与支払報告書とともに提出します。

このとき給与収入が一定額以上の社員には源泉徴収票をもう1枚作成。

法定調書合計表に添付し税務署へ提出します。

1月の給与計算の際、社員から当年の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書を提出してもらいます。

6月:住民税の特別徴収額改定

住民税の特別徴収額の改定業務があります。

6月から翌年5月までの均等に税が徴収されますが、6月は端数の調整のために金額が異なることもあります。

毎月の住民税の額はきちんと確認しておきましょう。

6~7月:労働保険の年度更新

6月に労働保険の年度更新を行ないます。

労働保険料の申告・納付は7月10日までに行う。(曜日によって変動あり)

7月:標準報酬月額の定時決定

健康保険や厚生年金保険など、社会保険の算定基礎となる標準報酬月額の定時決定を行います。

健康保険組合や年金事務所に報酬月額算定基礎届を提出。

これを7月1~10日までの間に行ないます。

12月:年末調整

所得税の年末調整があります。

年間にわたる所得税を計算して、これまで月ごとに源泉徴収した所得税の合計と差額を算定します。

12月分に支払う給与にて、超過分を還付するか不足分を徴収します。

給与計算ソフトおすすめ5選
給与計算ソフトおすすめ5選