賃金体系について

日本特有の複雑な賃金の構成

賃金体系とは、社員など労働者の賃金を決める基準となるもので、さまざまな賃金の構成とその内訳のこと。

学歴や勤続年数、年齢などが影響するため日本は賃金を決めるルールが複雑だと言われており、賃金体系という言葉も我が国特有のものだと考えられています。

また、契約社員やパートタイマーがいる場合にはさらに賃金体系が複雑化するので、給与計算ソフトを導入して給与事務の業務を減らす必要があります。

賃金体系は一般的に基準内賃金と基準外賃金に大別されています。

基準内賃金

基本給と諸手当に分けることができます。

基本給は、年齢や勤続年数に沿った属人給型、仕事や能力に応じた仕事給型、そして属人給と仕事給を合わせた総合給型など。

賃金体系によって給与額は大きく変わり、属人給型よりも仕事給型のほうが個人格差は強く影響します。

現在、ほとんどの企業で採用しているのが総合給型。

また、管理職かどうかで基本給の体系が変わるケースもあります。

諸手当は、通勤手当・住宅手当・役職手当・家族手当などですが、今は基本給だけで賃金体系を構成する企業も増加中。

諸手当を支給する目的が明確でないものがあったりと、賃金体系が複雑になるのを避けるためです。

基準外賃金

基準外賃金は通常の労働時間以外への支払いのことで、いわゆる残業手当や休日出勤手当に相当します。

基準外賃金は毎月金額が大きく変動するので給与計算の際には特に注意が必要です。

賃金形態

賃金をどのような方法で支払うかを賃金形態と言い、これには定額制や出来高制、年俸制などがあります。

雇用が多様化している現代では、いらぬトラブルを回避するために支払方法にも明確なルール作りが必要です。

例を挙げるなら、定額制で月給にしているのであれば休日は含むのか、休日以外が対象となるのかを、はっきりさせておかなくてはなりません。

年俸制も労働基準法の適用で年一括払いは不可。

年俸の総額を12分割して毎月支払うか、賞与を加えて12分割以上にするようにします。

給与計算ソフトおすすめ5選
給与計算ソフトおすすめ5選