操作性

 給与計算ソフトを扱う上で最も重要なポイント

給与計算ソフト選びのポイントはさまざまですが、最も重視してもらいたいものが操作性。

つまり、使い勝手の良さです。

いくら機能豊富でも価格が安くても、操作性に劣るソフトはすぐにほかのものと替えられたり、使われなくなることが多いもの。

熟考してソフトを選んだのに操作性が悪かったという失敗例が起こるのは、やはりソフトの使い心地を実際に操作してみないとわかりづらいという点にあると思います。

たとえ体験版や無料版でしばらく試してみたとしても、さらに半年、1年と扱い慣れてきて初めて気づく操作性の欠点などもあるものです。

失敗しないためにも、給与計算ソフトを選ぶときには口コミ情報などは積極的に参考にしましょう。

また、各給与計算ソフトのサイトには動画などで操作性を確かめられるところも多いです。

気になるソフトが複数あった場合には比較してみてはいかがでしょうか。

スタッフのPCスキルや給与計算の知識も大切

給与計算ソフトの操作性がいくら良くても、ユーザーのPCや給与計算の知識が浅いと、これも導入に失敗しがち。

ありがちなのが、とにかく機能豊富で高額な給与計算ソフトを導入すれば上手くいくだろうという勘違いです。

高額で機能豊富な給与計算ソフトが操作性に優れているとは決して限りませんし、PCや給与計算に詳しいユーザーからすると使いやすいソフトでも、不慣れな人にとっては手に余るというのはよくあることです。

コンサルタントが調べた結果では、給与計算ソフトを初めて導入したにも関わらず使いこなせない会社の割合は、社員5~10名までの会社で実に約8割にも上ると言われています。

こうした会社の多くは給与計算ソフトの導入を諦め、従来の手作業での給与計算に戻る場合がほとんど。

従業員数の少ない会社の場合には人数に見合った機能のシンプルなソフトがおすすめ。

さらにパソコン操作に長けたスタッフの有無、給与計算の知識が豊富な社員の有無などにより給与計算ソフトを決めると失敗のリスクが減少します。

給与計算ソフトおすすめ5選
給与計算ソフトおすすめ5選