セキュリティ

最重要視されているセキュリティ

給与計算は従業員全員の給与を取り扱うのでセキュリティがとても重要になります。

情報管理が気になるところですが、実は給与計算ソフトはどのメーカーもセキュリティ面を最重要視しており、ソフト自体への不安をあまり感じる必要はないので安心してください。

メーカー側としてもソフトに脆弱性があるとなっては製品として欠陥があるのと同じことなので、セキュリティには特に注意を払っているのです。

インストール型だけでなく、近年はクラウド型の給与計算ソフトもセキュリティが強化され、それに伴いパッケージからブラウザを使った給与計算ソフトへの移行が増加しています。

リサーチ会社「MM総研」の2016年3月の報告では、中小企業でのインストール型を含む全ての給与計算ソフトのシェアは44.0%。

そのうちクラウド型のシェアは12.5%に上ることが発表されています。

さらに、コスト削減やセキュリティの向上などを理由に、クラウド型の給与計算ソフトを選ぶ企業が年々増加していることもわかってきています。

今後、クラウド型の給与計算ソフトの認知度が高まるにつれ、シェアは一層増えていくことでしょう。

クラウド型とインストール型のセキュリティの違い

クラウド型とインストール型のセキュリティには異なる注意点があります。

まず、インストール型ですが、こちらは一般的にセキュリティ面の管理がしやすいとされています。

ソフトをインストールしているパソコンのセキュリティだけ気をつけていればOK。

インターネットに接続していなくても使用することができますし、外部からの不正アクセスの心配もありません。

一方、インターネットに接続していないと利用できないのがクラウド型の給与計算ソフトです。

こちらはIDとパスワードの管理が非常に重要です。

IDやパスワードが流出すると、どのパソコンからでもデータをのぞかれるため、管理は厳重に!

不正アクセスを防ぐためにも、定期的なIDとパスワードの変更が必要となります。

給与計算ソフトおすすめ5選
給与計算ソフトおすすめ5選