アップデート

アップデートで常にソフトを最新に

パソコン用のソフトは、基本的にアップデートが必要になります。

アップデートを行い、システムや情報などを更新することでソフトを常に最新の状態に保てます(ソフトを一段階上のバージョンに替えるのはアップグレードと呼びます)

どんなPCソフトでもアップデートを推奨していますが、こと給与計算ソフトにおいてアップデートは必要不可欠。

アップデートをしないと頻繁に行なわれる法令改正や税法改正にその都度対応していけなくなるからです。

もしも法令や税法が変わったのにアップデートをしないまま放置してしまうと、そのソフトでは正確な給与計算を行なえなくなってしまいます。

通常、給与計算ソフトではアップデートは自動的に行われますが、サービスを受けるためにはサービス料が必要だったりアップグレードが必要となる場合もあります。

しかし、新しい法令や税法に従ったものでないと給与計算は意味をなさないため、多少の費用がかかってもアップデートを行うのが得策。

というのもアップデートを利用せずに、法令改正や税法改正への変更を行ったり、手作業で入力したりするとヒューマンエラーのリスクがあるからです。

もしもアップデートを放置すると…

アップデートをせず、法令・税法のシステムも情報も更新しないまま給与計算ソフトを使うと、計算を間違える可能性が高まります。

もちろん、これは会社としては絶対に犯してはならないミス!

もしも税額を間違えて計算してしまったら、修正申告や追徴課税という事態も考えられます。

たとえ少額であっても積み重なれば大きな金額になりますし、延滞税が発生した場合にはさらに金額は増えることに……。

計算し直しも、通常の給与計算よりもたいへんな作業になることが予想されます。

ソフトを常に最新の状態にするためには、インストール型だと新たなソフトを購入してアップグレードしたり、アップデートするためにサービス料が必要になることがあります。

もしもなるべくコストをかけずにアップデートをしたいのであれば、クラウド型の給与計算ソフトがおすすめ。

変更に随時対応してくれるので、無駄な労力もかけずに済みます。

給与計算ソフトおすすめ5選
給与計算ソフトおすすめ5選